名古屋市西区のおうち隠れ家エステ エマーブル

名古屋市西区にある自宅エステサロンエマーブルのブログです

日焼け止めは大事

こんにちは。

毎日暑いですね!

紫外線も多い季節ですが、お客様の中にもたまに日焼け止めをされていないという方がいらっしゃって必要性をアドバイスさせて頂くのですが、「だけどやっぱり苦手で…」という方が多いです。

でもそうおっしゃる気持ちも分かるんですよね。多分敏感肌寄りの方なんだと思います。

 

私も実は日焼け止めがすごく苦手で、今となっては後悔ですが、まともに付けだしたのは30代からでした。

しかも今でもお肌に優しいものしか肌が受け付けません。ドラッグストアに置いてあるような安くて高SPF のものは本当にムリ!腕くらいならいいかなとつけたら数日たっても皮膜感のような違和感と乾燥でお肌が辛いです。

紫外線と日焼け止めと一体どっちがお肌に悪いんだろうと考えてしまうレベルだったりします。

 

ただ、お肌に優しい日焼け止めもたくさんあります。

皆さん化粧水やクリームなどの基礎化粧品はかなりこだわっていたりしますが、私は日焼け止めこそ良いものを使用してほしいなと思います。お肌への負担が全然違いますから。

 

まず、日焼け止めには2つの種類があります。紫外線吸収剤と紫外線散乱剤です。

市場で販売されている高SPF のものはほとんどが紫外線吸収剤が使用されています。

吸収剤は紫外線を文字通り吸収して化学反応を起こし、エネルギーとして放出することで紫外線を防ぎます。

ですがこの化学反応がお肌にとって負担が大きく、刺激や乾燥を引き起こす要因になるんです。

ですので吸収剤の日焼け止めをつけた際にお肌が火照ったりかゆみ、乾燥などを感じたりする方が(私を含めて)いらっしゃるわけです。

 

ハワイではサンゴ礁に重大な影響を与えるとして、紫外線吸収剤の入った日焼け止めの使用を禁止する法案が可決されたそうです。

海水に溶けた紫外線吸収剤がサンゴ礁の生態系までも狂わせてしまうと考えるとかなり強い成分なのだなと思わざるを得ません。

 

そしてもう1つは紫外線散乱剤。

紫外線をミラーのように反射させてお肌への侵入を防ぎます。

こちらは化学反応を起こさないのでお肌に優しく敏感肌も安心です。

ですが、高SPF 値が出にくい、出すためには散乱剤の配合を高くする必要があるため、かなり白浮きする(散乱剤はその成分自体が白いため)製品になりやすいという弱点がありました。

 

サロンでは2つのラインナップの化粧品を取り扱っています。1つは紫外線吸収剤配合のもの、もう1つは紫外線反射剤配合のものです。

 

まず、紫外線吸収剤配合のリトハピ日焼け止め。吸収剤の使用はお肌の負担になるのではと思われた方もいらっしゃるかと思いますが、こちらは吸収剤を包んでカプセル化したものを配合しています。

肌に塗布してもつぶれないため、お肌の上で化学反応をおこしても直接お肌に触れない設計になっています。

 

更にお肌の表面を+帯電にさせることで、+の刺激(花粉やPM2.5、黄砂など)を寄せ付けないようにしていて、紫外線以外の刺激による肌荒れの予防にもなります。外部の刺激に弱い敏感肌の方にはとてもお勧めです。

 

もう1つは紫外線散乱剤使用のラヴィーサ。

こちらは散乱剤なのに、SPF50 PA++++です。

これ、普通に書きましたが凄いことなんです!私最初めちゃめちゃ驚きましたもん。

紫外線散乱剤なのにこのSPF、一体どうやったんですか!?って。

もしかして思いきり白浮きするのかと思いきや、ほとんどしません。逆にお肌をとてもきれいに見せてくれてメイクよれも防いでくれます。


f:id:aimableako:20180702120203j:image

こちらラヴィーサ(アレン)の社長さんが日焼け止め塗って日焼け実験したようです。

身体張りますねー(笑)

 

どちらもお肌にはとても優しい処方です。日焼け止めが苦手な方でもお肌の負担を感じずお使い頂けると思います。

 

 先にも書きましたが、化粧品って皆さん美容液やクリームなど栄養補給を重視しがちなんですが、私はクレンジングと日焼け止めが一番重視されるべきアイテムだと思ってます。

大切なのはお肌の基礎をつくること、刺激を与えないこと、お肌を痛めないことだと思うんです。

そうすれば栄養補給の効果はずっとずっと高まりますよ!

 

紫外線はシミのみならず、たるみやシワ、老化の一番の原因です。

上手に楽しくケアしていきたいですね。